取り急ぎOutlook2016とiCloudのカレンダー・アドレス帳の同期

Outlook2016が起動していない状態で、タスクバーのiCloudアイコンをクリック。
「iCloud 設定を開く」をクリック。
Apple IDとパスワードを入力し「サインイン(i)」をクリック。
上の画像はAppleIDの2ファクタ認証を有効にしている場合表示されますので、携帯などに送られた2段階認証コードを入力して「次へ(C)」をクリック。
上から3番目のOutlookのチェックを一度外す。
再度、上から3番目のOutlookをチェックし「適用」をクリック。
更新が終わったら「閉じる」をクリック。
Outlook2016のアイコンをクリック。
左下のカレンダーアイコンをクリック
個人用の予定表の下にあるその他の予定表に同期したiCloudの予定表が追加される。
本日の自宅の21時欄をダブルクリック。
予定を入力し「保存して閉じる」をクリック。
Outlook2016に予定が反映された。

ブラウザーを起動してiCloud.comにログインしカレンダーを確認。
既に同期されている。
今度はOutlook2016側で予定を入力し保存。
同期完了。
Outlook2016「ホーム」右上の「アドレス帳」をクリック。
アドレス帳(D)の選択ボックスから対象のApple IDを選択すればiCloudの連絡先が表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください