MiniTool Partition Wizard 無料版でパーテェーション操作

※掲載時バージョンMiniTool Partition Wizard 無料版10.3

ダウンロード:MiniTool Partition Wizardの日本語公式紹介ページ

URL:https://www.partitionwizard.jp

※インストール時OSバージョンWindows10Proビルド17763

https://www.hhl.ne.jp/wp/2018/12/28/minitool-partition-wizard-%e7%84%a1%e6%96%99%e7%89%88-10-3/

デスクトップの「MiniTool Partition Wizard」アイコンをダブルクリック。

「MiniTool Partition Wizard 無料版」をクリック。

起動。

●以前使っていたSSD32GをUSB接続。

即座に自動更新されリストに表示された。

ちなみにエクスプローラーを表示しても対象のSSDは表示されていない。

■複数のパーティション作成

■パーティションの結合

■パーティションの移動/サイズ変更

■パーティションのコピー

■パーティションの削除

■複数のパーティション作成

「パーティションの管理」→「パーティションの作成」をクリック。

パーティションのラベルを入力、ドライブ文字を選択、パーティションサイズはSSD総量の半分32GBにマウスで(<、>をクリックしながら)スライドして調整(直接パーティションサイズに数字を入力したほうが楽)後の「OK」をクリック。

「適用」をクリック。

「はい」をクリック。

1分もかからず完了、「OK」をクリック。

適用後。

エクスプローラーを起動、SSD_USB(Z)約32GBが利用可能になった。

続いて残りの未割当て領域に新規作成する。

再度、「パーティションの管理」→「パーティションの作成」をクリック。

残りの未割当てパーティションで新規作成。

パーティションのラベルを入力、ドライブ文字を選択、パーティションサイズを残り全ての量で「OK」をクリック。

「適用」をクリック。

「はい」をクリック。

また、1分もかからず終了、「OK」をクリック。

2つ目のパーティションが作成された。

F5を押下げエクスプローラーを更新、2つのパーティションSSD_USBの(X)と(Z)が作成され利用可能になった。

■パーティションの結合

それぞれ(XとZ)のパーティションにファイルを保存し、パーティションを結合したらどうなるかついでに検証。

SSD_USB(X)のパーティションにテキストファイルを新規作成保存。

SSD_USB(Z)パーティションにExcelのワークシートを新規作成保存。

結合するディスクのパーティションをクリックし、左メニューの「パーティションの結合」をクリック。

「次へ(N)>」をクリック。

「完了(F)」をクリック。

「適用」をクリック。

「はい」をクリック。

驚くほど短時間、1分程度で完了、「OK」をクリック。

ディスクリストの対象ディスク(ディスク9)が1つのパーティションになった。

F5を押下げエクスプローラーを更新、パーティションSSD_USBの(X)と(Z)が統合され(Z)のみ利用可能になった。

SSD_USB(Z)を開いてみると、保存していたExcelファイルのほかに「結合されたパーティションの内容」フォルダーが新たに追加されている。

開いてみる。

元のSSD_USB(X)に保存していたテキストファイルが統合されたパーティションに保存されています。

■パーティションの移動/サイズ変更

「パーティションの変更」→「パーティションの移動/サイズ変更」をクリック。

パーティション内のファイルはそのままで実行。

パーティションのサイズを入力し、未割当の領域を前後入力し「OK」をクリック。

「適用」をクリック。

「はい」をクリック。

適用から数分で完了、「OK」をクリック。

ディスクリストもサイズの変更が完了。

エクスプローラーを起動。

サイズが変更されている。

保存ファイルは正常に保存されています。

■パーティションのコピー

コピー元のパーティションを選択(クリック)して、「パーティションの管理」→「パーティションのコピー」をクリック。

パーティション内のファイルはそのままで実行。

コピーを作成するディスクの未割り当て領域をクリックして「次へ(N)>」をクリック。

「完了」をクリック。

「適用」をクリック。

「はい」をクリック。

数分で完了、「OK」をクリック。

同サイズのパーティションが作成され余りは未割当のまま。

エクスプローラーを起動、SSD_USB(L)が作成されている。

両方のパーティションにSSD_USB(Z)と同じ内容のファイルがある。

■パーティションの削除

削除するパーティションを選択(クリック)し「パーティションの管理」→「パーティションの削除」をクリック。

「適用」をクリック。

「はい」をクリック。

数分で完了、「はい」をクリック。

エクスプローラーを起動、SSD_USB(L)が削除されていることを確認。

時間も短くどの操作も驚くほど簡潔に完了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください